ENTRY
三友 秀平 三友 秀平

若い頃から現場のマネジメントを経験し、グループ企業の取締役を歴任
「若くてもやる気さえあれば夢を実現できる」

INTRODUCTION

大学卒業後、2002年にスタッフサービスグループへ入社。約半年間の人材派遣営業を経て、同グループの飲食事業の立ち上げに参加。レストランおよび保養所の店長、支配人、リゾートホテルで副支配人を歴任した後、2008年OGIグループ(現GIグループ)の発足に参画。ゴルフ事業への進出に携わり、事業会社の取締役を歴任。現在は、ITビジネスの立ち上げを担当。

  1. なぜ、GI グループに入社を決めましたか?

    スタッフサービスへ入社したのは、仕事を通じて、幅広い業界に関わることができると考えたからです。学生時代はいろいろな業界に興味がありましたが、これという具体的な目標が定まっていませんでした。就職活動中に知人から、このグループなら多くの業種を見ることができると聞き、入社を決めました。面接で、「カレー屋をやってみたい」とアピールしたところ、「いずれはできるかも」と言われましたが、その半年後には飲食事業に配属されていました。やる気さえあれば、やりたいことを実現できる会社だ、と実感しました。

  2. 入社後は?

    入社1年半後には保養所の支配人を任され、その後も入社時の希望どおり飲食やリゾートを中心に現場のマネジメントや営業の統括を経験してきました。どのポストでも、その業界の叩き上げのマネージャー達に負けない業績を上げ、30代前半で担当企業の取締役に任命されました。

  3. 入社後、印象的だった仕事は?

    飲食事業では、成績優秀者や店舗が利用できるグループ向けレストランのマネジメントに携わりました。一般向けのレストランと違い、利益優先の戦略ではないため、原価の高いものを提供していました。その当時、ワインを学ぶ機会を得て、ソムリエの資格を取得したことは、とてもいい経験になりました。2カ月ほどヨーロッパに滞在してワイナリー巡りをしましたし、その後のビジネスにおいてもその知識は役立っています。プライベートでも大切な趣味になっています。

  4. 現在の主な仕事内容と今後のビジョンは?

    ゴルフ事業では、コース毎に業績を向上させた後、他社に売却して大きな価値を実現させました。現在は、㈱ネットランドでIT商社の立ち上げに参画しています。当グループでは、幹部になれば担当企業の株式を持たせてもらうことも可能です。個人的な夢は趣味のワインの世界を広げていって、いつか自分でワイナリーを所有するです。もちろん、グループのプロジェクトとしても、やってみたいことの一つです。

MESSAGE

学生へメッセージ

GIグループは、若くてもやる気さえあれば、自分の夢を実現できます。やりたいことをぶつけていけば、どんどん新しいチャレンジをさせてもらえます。人との関わりが減っている時代だからこそ、コミュニケーションを得意とする方も強みとして活かせます。現場では、お客様にどれだけ自分のファンになってもらえるかがカギになります。専門知識の有無は関係なく、真剣に取り組む人であれば活躍できるでしょう。

INTRODUCTION

大学卒業後、2002年にスタッフサービスグループへ入社。約半年間の人材派遣営業を経て、同グループの飲食事業の立ち上げに参加。レストランおよび保養所の店長、支配人、リゾートホテルで副支配人を歴任した後、2008年OGIグループ(現GIグループ)の発足に参画。ゴルフ事業への進出に携わり、事業会社の取締役を歴任。現在は、ITビジネスの立ち上げを担当。