ENTRY
吉岡 拓好 吉岡 拓好

日々学習しながら顧客への提案営業を実践
「自分の提案でお客様の暮らしをより良くする楽しみ」

INTRODUCTION

大学卒業後、2016年に入社。「お客様とより近い距離で接することができる仕事に就きたい」とリフォーム・ステーションを志望し、現在は営業を担当。お客様の希望するリフォームについてヒアリング、プランの提案および見積り提出が主な仕事。その後も契約から完工・引渡しまでお客様の立場でリフォームに携わる。

  1. なぜ、GI グループに入社を決めましたか?

    実家が不動産事業に携わっているため、学生時代は不動産業界に絞って、就職活動を行っていました。GIグループに興味を持ったきっかけは不動産事業でしたが、入社研修を経て、住宅リフォームの奥深さに魅力を感じ、志望しました。本社が六本木にあることも志望動機の一つでしたが、最終的な決め手は、多種多様な業界を経験した先輩たちが集まっていること。不動産、リフォーム業界だけでなく、異業種のことを学ぶこともできます。自分の好奇心、知識欲を満たしてくれる点も、大きな魅力でした。

  2. 仕事のやりがいは?

    住宅リフォームには決まった形がなく、お客様に合わせて自由な提案ができるのがやりがいです。「こんなことがしたい」と要望を受けたら、それに応えられるように自分なりに徹底的に調べます。最も嬉しいのは、自分が提案したプランにお客様が「それいいね」と共感してもらえること。そのために、頼りになる先輩や取引先の方々に相談しながら、設計の知識を日々学んでいます。

  3. 入社後は?

    自分でリフォーム事業を志望したものの、配属当時は少し不安もありました。私はこの仕事を始めて間もない一方、リフォーム・ステーションにはキャリアを積んだ先輩たちが大勢いる。その中で本当に自分がやっていけるのかな、と気後れしてしまいました。でも、実際に仕事をしていく中で、「のびのびとやってみよう」と思えるようになりました。決まった形のないリフォームだからこそ、私にできる提案があるはずと、模索してきました。

  4. 印象的だった仕事のエピソードは?

    自分が手がけた案件はどれも印象に残っていますが、一つ挙げるとするなら、先日手がけた浴室リフォームの案件です。施工、引き渡しが終わり、「その後いかがですか?」とお客様へ電話をしたら、「このお風呂が気に入ったから、今度は別のリフォームを頼みたい」と言っていただきました。すぐに別の場所のリフォーム提案に取りかかりました。自分の提案が工事によって実現し、お客様に喜んで頂いたことが本当に嬉しかったです。いつも心がけているのは、「なぜ困っているのか」「なぜリフォームしたいのか」、お客様の本音を聞き出すことです。その上で、ベストな提案ができるように、真摯に取り組んでいます。

MESSAGE

学生へメッセージ

今の仕事はお客様の生活に深く関わるだけでなく、自分が仕事をすることで実際に家がきれいに、住みやすくなり、その結果がお客様の幸せという形で残る、やりがいのあるものです。人とつながりに意味を見出し、自分の仕事の結果にやりがいを感じる人なら、GIグループの仕事は魅力的に感じるのではないでしょうか。

INTRODUCTION

大学卒業後、2016年に入社。「お客様とより近い距離で接することができる仕事に就きたい」とリフォーム・ステーションを志望し、現在は営業を担当。お客様の希望するリフォームについてヒアリング、プランの提案および見積り提出が主な仕事。その後も契約から完工・引渡しまでお客様の立場でリフォームに携わる。